口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

荒川区で新築一戸建てを購入するなら頭金はいくら必要?

    

荒川区、頭金はいくら必要か最近では、住居を購入している世帯がたくさんおられます。
生涯にかかるコストを考えると賃貸を検討する人もたくさんおられますが、同じ家賃を支払うのなら購入した方が落ち着いて住むことができる、とお考えの人も多いようです。
例えば、同じ家賃を支払うとしても、借り上げ社宅のように家賃の半分や一部の金額を勤務先の企業が負担してくれるケースもあります。
こちらの場合は、購入するよりもメリットが高くなりますよね。
ただ、すっかりコスト削減が定着化していて、企業も借り上げ社宅を減らしている傾向があるので、購入することも考えざるをえません。
では、計画を立てて新築の不動産を購入するとした場合、一体、どのぐらいお金が必要なのでしょうか。
まずは、先に必要となってくる頭金についてご説明したいと思います。

頭金の考え方について

まず、頭金とはどのような考え方なのでしょうか。
頭金は住宅を購入する際に支払うことができる現金のことです。
そして、現金で支払わない部分は住宅ローンを借りることになります。
ですから、もしも、マンション、一戸建てなど購入する物件の購入価格が3000万円だった場合、頭金が1000万円なら残り2000万円は住宅ローンを借りるという仕組みです。
ただし、ここで重要なのは住宅ローンは誰でも借りることができるというわけではありません。
借りるためにはきちんと返済能力があるのかどうか審査を受けなければなりません。
そこで、返済する能力があると判断された場合は正式にお金を借りることができます。

地域によって考えてみよう

次に頭金がどのぐらい必要なのか、ということですが、率直に言いますと、頭金は多いにこしたことはありません。
なぜなら、住宅ローンには金利がかかってきます。
ですから、毎月の返済とは別に利息をプラスして支払うことになります。
もちろん、税金で還付されるケースもありますが、やはり何があるかわかりませんので、先に現金で支払っておいて損はありません。
返済の残金が少なければ少ないほど、人間の心理として、安心感があります。
ただ、頭金は購入費用が高いとたくさん必要ですし、安いと少なくてすみます。
では、購入費用が安い地域とはどのような場所でしょうか。
一般的には都心部から離れた郊外は購入価格が低い傾向があります。
ですから地方は購入価格が低いため、頭金も少なくてすむと言えます。
荒川区は東京都の23区内にあり、通勤に便利なエリアで人気が高い地域です。
そのため、他の地域よりも購入する費用は高くなっています。
ただ、都心部では地方よりも、土地が狭く、住居がコンパクトに建てられているケースが多いので、値段はそれほど高くありません。
平均が5000万円ぐらいとなっていますので、2から3割あれば安心、と言われている頭金は1000万円ぐらい準備していると安心して購入できるようです。
ただ、頭金はあくまでも目安なので、ご事情に合わせて頭金がなしという方法も可能です。

いかがでしょうか。
新築の不動産を購入する場合は、マンションや一戸建のどちらにしても頭金が必要であることがわかります。
もちろん住宅ローンを借りることはできますが、返済のことを考えるとできるだけ頭金が多い方が安心であると言えます。
特に都心部では土地価格が高い地域になるので、住宅ローンだけでは高額になり、頭金を準備しておく必要があります。
さらに荒川区では東京都23区ということもあり、通勤に便利な地域であることから新築物件の費用は地方と比べると高いと言えます。
もしも、荒川区で新築一戸建てを購入をお考えの場合には、費用が高額な場合には返済することをよく考えて、しっかりとした資金計画を立てて頭金を用意することが大切です。