口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

荒川区で新築一戸建てをいつまでに建てたらいいのか

    

荒川区で新築一戸建てをいつまでに建てたらいいのか荒川区は東京都の中でも有数の大都市です。
まずJR山手線や常磐線

つくばエクスプレスといった大手の鉄道路線が多数あり

さらに京成バスや都営バスの路線も充実しているため

とても利便性に優れています
また大手企業の本社がたくさんあり産業の中心地としてかなり発展しているエリアです。

そして、この荒川区に新築一戸建てを建てて住みたいと考えている方もいるでしょう。

しかし、大体いつまでに建てたらいいのか気になります。

 

新築一戸建てをいつまでに建てたらいいの?

新築の家を建てるというタイミングはかなり難しいです。
しかし、出来るだけ一番いいタイミングで新築の家を建てておきたいですよね。
そして、それには「仕事」「子ども」「ローン」「家族」の4つのポイントを押さえておかなければいけません

1.仕事が安定した時期

新築一戸建てを建てるタイミングで一番重要なポイントは「仕事が安定したか」です。
基本的に、一般のご家庭は仕事が安定してくる30代の時期に新築一戸建てを購入することが多いです。
これは仕事が安定していると気持ち的にも余裕が出てくるのでお金を貯金しやすく、新築一戸建てを建てようと考えるからです。

そのため、仕事が安定した時期に建てるといいでしょう

 

2.子どもができる前がベスト

そして、子どもが生まれる前に新築一戸建てを建てるといいと言われています
もし、子どもが生まれた後に新築一戸建てを建ててしまうと、家の費用の他に子どもの費用もかかるので家計に大きな負担がかかってしまいます
そのため、子どもに関する費用がかからない方が支出を抑えられます。
ですから子どもができる前に建てましょう。

 

3.住宅ローンには注意しよう

一括でお金を払って新築一戸建てを建てるという方は少ないです。
ほぼすべての家庭が住宅ローンを組んで家を建てます
この住宅ローンは基本的に25年から35年くらいかかるのがほとんどで、決して短期間で終わるというわけでありません
そのためきちんと考えてタイミングよくローンを組まないと大変な思いをする可能性もあります。

例えば、39歳のときに35年の住宅ローンを組んでしまうと74歳まで返済し続けなければなりません。
会社に勤めていて仕事が安定しているときはいいですが、65歳で定年退職をした場合に残りの9年間の住宅ローンをどのように返済するのでしょう。

もちろん計画的にお金が貯まっているのなら特に心配は要りません。
しかし、なかなか上手くいかないというケースも少なくないのです。

会社を定年退職した後は貯金と年金で生計を立てなければいけないことが多いので、できるだけ30代前半くらいまでに住宅ローンを組むことがベストです
このように、家を建てる際は「ローン」についても考えていくことが大切です

 

4.家族の将来設計を考えて話し合う!

家族の将来設計をきちんとしてから家を建てるといいです。
例えば将来設計とは以下のものがあります。

・子どもは何人欲しいか
・ずっとこの家で家族と暮らせるか
・共働きの場合、子どもができたら仕事はどうするか
・親と将来同居はするのか

これらのことについて色々と考えた上で建てるタイミングを決めましょう
例えば家族の将来設計ができていない、この先のイメージが全く想像できないというのであれば家を建てることを避けた方がいいです。
家族のより良い将来のために今すぐに建てた方がいいのか、まだもう少しあとの方がいいのかしっかり話し合うことが大切です。

 

ポイント踏まえて後悔しないように新築一戸建てを建てよう!

荒川区における新築一戸建てというものは3000万円から4000万前後が相場となっており決して安くはありません。
ですから、後悔しないためにも上記の4つのポイントを踏まえて慎重に検討した上で、新築一戸建てを建てましょう。