口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建てはゴキブリ対策を必ずしよう!

    

新しく家を建てるときに気をつけたいポイントとして忘れてはならないのが、害虫対策です。入居前に害虫対策をしておくことで、快適な暮らしを送ることができます。害虫のいない快適な家で過ごすために、ぜひ参考にしてみてください。

土地選びは慎重に行うことが大切

新築一戸建てに入居してからすぐに害虫を見かけたという話は、意外とたくさんあります。入居前に害虫、特にゴキブリ対策をしておくべきだということを忘れている建築主は少なくありません。また、新築だからゴキブリがでないだろうと考えている人も多いでしょう。

土地の形状や状況によってゴキブリが出やすいところがあるため、土地選びの段階から対策を講じておくことが必要となります。近隣に飲食店のある地域周辺は、できる限り避けましょう。飲食店の近隣は季節に関係なくゴキブリが出やすいと言えます。

土地選びが完了したら、家を建てることになりますが、家の構造についても、信頼できる業者と話し合って決めるようにしてください。虫が入ってこないような家の構造にすることはもちろん、エアコンや換気システムの構造についてよく話し合うことで、窓からゴキブリが入ってくるリスクを軽減することもできるでしょう。

業者に害虫駆除を依頼する

害虫が侵入しやすい隙間はできるだけ埋めるようにすることが大切です。エアコンの換気ダクトだけでなく、換気扇や床下の隙間に関しても慎重にチェックしましょう。

特に入居前のゴキブリ対策として、害虫駆除業者を入れることも大切でしょう。実は入居前の新居にゴキブリが出やすい理由として、人間が住んでいない物件は暗くて暖かく、ゴキブリが繁殖しやすいからです。侵入しやすい排水溝の入り口や台所、トイレ、キッチンといった水周りは特に注意が必要です。簡単な対策方法として水周りを全てふさぐことや、毒のえさをまいておくことである程度の効果を見出せるでしょう。

ただし、個人ではゴキブリの侵入する可能性のある箇所すべてをカバーするのは非常に困難です。ですから、専門業者に依頼して、入居する1週間程度前に退治をしてもらうことをお勧めします。その際、水周りの排水溝のふさぎ方をアドバイスしてくれることもありますし、その後も定期的に点検してもらうとよいでしょう。

快適に暮らすためには引越し前の荷物にも気をつける

新居の害虫対策として大切なことは、新居ばかりではありません。今まで住んでいた場所での荷物のチェックも怠らないようにしましょう。ゴキブリが段ボールなどの荷物に入り込んで、新居に一緒にお引越し、などというトラブルは絶対に避けたいものです。そのため、引越しする前に一度害虫駆除の医薬品を炊いておくことをお勧めします。段ボールなどの荷物に入り込んでいたり、今まで使っていた家具・家電に隠れて卵がついているという事態を回避することができます。

なるべくゴキブリが出ないように家の中を衛生的に保つため、掃除を毎日行ったり、ごみをためずに頻繁に捨てたりすることで、ある程度リスクを軽減できるでしょう。特に水周りを清潔に保つことで、害虫は発生しづらくなります。毒のえさをまいておくことも効果的ですし、定期的に業者に依頼して駆除してもらうのも確実です。100パーセントの効果が得られるかどうかは、それぞれの生活スタイルや周辺環境によっても異なります。