口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建ての表札の必要性とは?

    

新築一戸建てを手に入れた場合、そこに表札をつけるべきかどうか迷ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

ひと昔前であれば当たり前に利用されていたものですが、現在ではプライバシー保護という観点から利用しない人もいます。

では、実際にはつける必要があるのでしょうか、それともつけなくても全く問題はないのでしょうか。

利用することによって感じられるメリット

表札自体はプライバシー保護という点から考えて、現在ではあえて使わない様にしている人も増えてきています。

特に賃貸の集合住宅の場合は部屋番号がわかっていれば郵便物の誤配をある程度防ぐことができるので、つけない人も増えています。

しかし一戸建ての場合は新築、中古に限らず自分の家という実感を持つことができるのでつける人も少なくありません。

また、新しい土地に引っ越してきた場合、つけておくことによって相手に名前を覚えてもらいやすくなるというメリットもあります。

つまり、近所づきあいでもある程度のメリットを感じることができると理解しておくと良いでしょう。

部屋番号がないからこそのメリット

賃貸の集合住宅の場合であれば、部屋番号が割り振られているので、建物の部屋番号さえわかれば郵便物等を届けてもらえます。

しかし、一戸建ての場合はそうした部屋番号の様なものが付いているわけではないし、何より建物にも名前が付いていません。

だから、郵便物を配るときでも、本当にその場所で良かったのかわからなくなってしまう可能性も十分あると言って良いでしょう。

しかし表札をつけておけば、少なくともその苗字の人がそこに住んでいることがわかるので、その人の家かどうか確認しやすくなります。

したがって、自分のためではなく、他人のためにつけておくという点からいうと、表札は十分必要なものだといえます。

その人の考え方でも変化する表札

表札自体は、やはりそこに住んでいる人が誰か、その家が誰のものかと言うのを明らかにするためにも必要なものだと言えます。

ただ現在ではプライバシー保護とか、個人情報の流出が気になるからという理由からつけない人も増えている状態です。

しかし建売などの場合、似た家がたくさん建っており、一体どの人の家なのか全くわからないということにもなりかねません。

だからつけるつけないというのはそこに住む人の自由だと言えますが、周りの人のことを考えるとつけた方が良いでしょう。

それはただ単にその家の持ち主を明らかにすると言うだけでなく、地域のサポートを受けるという点から行っても必要だと言えます。

 

現在、新築一戸建てをつくる人の中には表札をあえて出さないと言う人も増えてきている状態となっています。

理由としてはプライバシーが気になるということが多く、自分の苗字を知らない人に知られるのが嫌だと感じる人も少なくありません。

しかしつけておくことによってその家に住む人の名前がわかるので、配達物の誤配を最小限に抑えることもできる様になります。

賃貸の集合住宅でもつけない人は少なくありませんが、その場合は建物名都部屋番号があるので誤配はあまり心配しなくても済みます。

しかし新築一戸建てだと建物の名前がパッと見ただけでわかると言うわけではなく、誰が住んでいるかもわかりません。

また、引っ越してきたばかりでも近所の人に誰が住んでいるのか、どう行った苗字の人かと言うこともわかってもらえます。

だから、表札自体はいらないものというわけではなく、使えばそれなりのメリットを十分感じられるものだと言って良いでしょう。

とは言え、つけるつけないはそこに住む人次第なので、絶対につけなければならないと言うものでは決してありません。

ただ、つけておくことによるデメリットよりも、メリットの方が多いので、できればつけるように検討する方が良いでしょう。