口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建てを購入!必要な保険について

    

生活をしていると、災害などの万が一が起こる可能性があります。

可能性は低くても、実際に起きると金銭的な負担が大きくなるときがあります。

住宅を購入するとなると住宅に関わる万が一に備える必要があり、対応方法を調べないといけません。

 

 

 

災害に備えるために必要になるもの

江戸時代には多くの火災が発生したとされます。

人口は今の方が多いですが、当時と今とは大きく異なる点があります。

当時の住宅は長屋タイプが多く、一件で火事が発生するとどんどん延焼していきました。

全ての住宅は木造等で大火事になるととても人力での消火は難しくなります。

現代においても木造住宅は多いですが、昔のような長屋は少なくなっています。

防火のための仕組みも少しずつ整っているので、延焼することはあまりありません。

しかし全くないわけではありません。

新築一戸建てを購入時に必要な保険として、災害時に備えるものに入っておきましょう。

まずは火災に備えるものがあり、建物と家財に対して一定の補償をしてもらえます。

タイプがあり、特約などをつけると水害や風災などの災害による損害分の補償もしてもらえます。

さらに入っておきたいのが地震時の補償をしてくれるタイプです。

火災分の特約でしか加入ができず、火災分の補償額に比べるとあまり大きな補償が受けられるわけではありません。

ただ地震や津波などによる損害に対する補償をしてもらえます。

 

住宅ローン支払いの万が一に備える

住宅を購入する年代として、20代から30代が多いかもしれません。

結婚をして子供が生まれたタイミング、子供が小学校に上がるタイミングなどになるでしょう。

人によっては既に一定の資産を築いている人もいて、住宅を一括でキャッシュで支払って購入する人もいます。

ただ多くの人は一括で購入できるだけの資産がないので住宅ローンを利用します。

定年までのローンを組んで地道に返済する人もいます。

新築一戸建てを購入時に必要な保険としては、ローン支払い者に万が一があったときに対応してくれるものになるでしょう。

一般的には住宅ローン商品に自動的につけられることが多く、別途加入する必要がない時もあります。

ただすべてのローン商品についているわけではないので、その時には入っておいた方が良いでしょう。

毎月一定額を支払っていき、住宅ローンを完済すれば終了となります。

万が一のことが発生したとき、それ以降支払うべきローンの残債を払ってもらえます

つまりは残された家族は残債の支払い義務を免れ、かつ住宅はそのまま引き継ぐことができます。

 

住宅に必要な設備の故障時に対応してくれる

生活をするのに必要になってくるのが住宅になります。

これによって雨風を防げますし、夏の日差しや冬の寒さなどを防いでくれたりもします。

昔の住宅といえばまさに風雨や寒さなどを物理的にしのぐだけの機能しかなかったと言えるかもしれません。

時代が変化してきて、ただ住むだけでなく快適に住める住宅が求められてきます。

さらにより環境に配慮した生活も求められています。

家電製品などを充実させたうえで、家電を使うための電気などをあまり使わずに済む仕組みです。

新築一戸建てを購入時に必要な保険として入っておくと良いのが、住宅設備の故障時に対応してくれるものになるでしょう。

家電製品など設備には初期不良の保証が付けられています。

概ね1年以内に故障をしたときに無償で交換などをしてくれますが、それ以降は有償での対応になります。

単なる家電であればよいですが、IHクッキングヒーターであったりガスを使ったエコシステムなどは非常に高い設備費がかかります。

それらが故障をしたときに修理代を負担するのは大変になります。

幅広い設備に対応してくれるものもあるので、そちらに加入しておくと安心して設備を使うことができるでしょう。

 

火災は自分が気を付けていても延焼などもあるので、万が一に備えた方がいいでしょう。水害や地震も起きる可能性があるのでできれば備えておきましょう。ローンを支払う人に万が一が起きた時に対応する必要もあるでしょう。