口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建ての住宅ローン審査とは?

    

新築一戸建てを購入する場合は、住宅ローンの審査が通りやすい面もあります。

なぜなら担保価値が高いからです。

中古住宅は担保価値の審査に時間がかかることも多いです。

収入が少ないと審査に通らないことも多々あります。

新築は金融機関にとっても大きな魅力がある担保となっています。

 

事前審査と本審査がある

新築一戸建てを購入する際に住宅ローンを利用する場合は、事前審査と本審査があります。

どちらも通過しないと住宅ローンは利用することが出来ない仕組みとなっています。

事前審査では、物件の金額や収入、仕事などが審査されることになります。

本審査は、それをさらに詳細に審査していくことになります。

そのため事前審査で通過しても本審査で落とされてしまうということが多々あります。

新築の場合は担保価値も高いですが、その分借りる金額も高くなるので仕事や収入面で問題があれば借りるのはとても難しい状態となります。

 

厳しくなっている面

住宅ローンは、支払えないで破綻している人が増えていることから厳しくなっている面もあります。

そのため確実に借りたいということであれば、少しグレードを落として物件を選択するということが大事です。

担保価値も下がりますが、新築という魅力があるので金融機関の審査も通過しやすい状態にすることが可能です。

返済出来なかった場合、どのような形で貸しているお金を返済してもらうかを金融機関は考えます。

そして新築であれば、中古住宅市場でも高く評価されていることから金額面でも流動性でも貸しているお金を回収しやすくなります。

そのため、新築はローンが組みやすいという面があります。

 

頭金の金額なども重要となっている

住宅ローンの場合は、頭金をどれくらい入れるかということも重視されています。

頭金をたくさん入れておけば、本来であれば借りることが出来ない人も借りられることがあります。

年齢が若いということも大事で、年齢が若ければ返済期間は働くことが出来るからです。

さらに健康状態なども考慮され、持病がある場合などは審査に落ちることがあります。

新築の場合は、返済期間が長いケースも多いので健康状態や年齢などはかなり重視されているポイントです。

カーローンや奨学金などの返済中のローンが他にある場合は要注意です。

ローンが他にある場合は、審査も厳しくなります。

カードローンの返済を遅滞したことがあるという人も借りられないことがあります。

 

実際にお金を借りるということであれば、事前審査と本審査を通過する必要性があります。

新築は担保価値がとても高いことから審査も有利に進めていくことが出来ます。

借りる金額が少なければ、審査も通過しやすいので頭金を出来る限り多く入れておくということもポイントです。

金融機関は膨大なデータを共有することによって、正確な判断をしています。

確実に借りられる人を選択するということが金融機関側の考えです。

そのため、少しでもリスクがある人にはお金を貸してくれないことも多々あります。

金融機関が確実に貸したお金を回収できると判断した人が審査を通過します。

金融機関側に信用してもらうということがとても大事です。

収入や勤続年数なども重視されています。

年齢や健康状態なども大切なポイントです。

健康状態が悪ければ、仕事を続けていくことが出来ない状態になることもあります。

さらに年齢が若くなければ、返済するまでの間に仕事を辞めてしまうことも懸念されます。

新築場合は、物件がどの程度価値があるのかなども大事です。

将来的にも価値が高いと判断してもらうことによって、審査は通過しやすくなります。

返済中のローンがあるという場合も審査に通過しないことがあります。

他のローンがある場合などは、その点に関しても考慮されます。