口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建てを購入する際にはキッチンにこだわろう!

    

料理は基本的に毎日行うでしょうから、新築一戸建てを買う時も、キッチンにこだわるのが断然おすすめです。調理が快適にできればそれだけ能率が上がり、時間の節約にもつながります。では、どんなポイントに着目すれば良いのか、早速見ていきましょう。

毎日使うからこそジャストサイズを選ぼう

住まいを買う時は見た目で選ぶことも多いと思いますが、キッチンは使い勝手の良さで選びたいところです。今ではシステムキッチンが主流であり、この場合は先ず、まな板などを置いて作業する調理スペースの広さをチェックしてください。このスペースに余裕があれば、ボウルや食材の置き場所を確保できるので、作業効率がグンとアップします。最低でも30センチは欲しいですから、内見の時はメジャーを持参して確かめてみましょう。とは言え、広ければ良いという訳でもないため、概ね60センチまでを目安に考えておくと良いかもしれません。

また、調理台の高さが自分の身長に合っているか確かめることも重要です。高過ぎれば作業がやりにくいですし、低過ぎれば腰を痛めてしまいます。最適な高さを割り出す方程式として、自分の身長を2で割って5を足した高さが目安です。例えば、身長が160センチの人なら調理台の高さは85センチが良く、170センチの人なら90センチが良いという具合です。

調理効率のカギはワークトライアングルにあり

ワークトライアングルも、台所選びでは無視できないポイントです。これはシンクと冷蔵後、それにコンロを頂点とした調理動線であり、三角形をしていることから、この名が付いています。三辺の合計はおよそ360センチから600センチが適切とされており、これより少なければ狭くて作業がやり辛く、多ければ移動距離が長くて不便となるのです。

具体的には、シンクからコンロまでの距離が120センチから180センチ、コンロから冷蔵庫までが120センチから270センチ、冷蔵庫からシンクまでが120センチから210センチというのが目安です。ただし、それらの3つが横一列で並んでいる場合や、U字型の台所では、三辺の合計を270センチから360センチに抑えた方が良いでしょう。それらのタイプで360センチ以上の動線になると、頻繁に歩くことになり、疲労の原因にもなります。

そのほか、近年は安全性の観点からIHコンロも増えてきましたが、この場合は換気扇の種類に注目しましょう。回転式のプロペラファンは、ガスコンロには優れた効果を発揮してくれるものの、上昇気流が少ないIHコンロでは上手く排気できない傾向があるのです。そこで、シロッコファンやターボファンなど、IHコンロに適した換気扇が設置されているか、しっかり確認することを強くおすすめします。このタイプの換気扇は気密性が高い住まいでも効率的に排気してくれるので、それも嬉しいポイントです。

使い勝手の良い台所は自分の時間を増やしてくれる

台所には様々なタイプがありますが、小さなお子様がいる場合、対面式も魅力的です。このタイプなら常にリビングの方を向いているので、お子様から目を離すことなく調理できます。ちょっとしたことですが、意外に重宝しますから、子育て中なら検討しておくと良いでしょう。

さらに、新築一戸建ての台所で外せないこだわりポイントが、ビルトイン方式の食洗器の導入です。後付けと違ってスッキリ設置できますから、スタイリッシュな台所を目指す場合には特におすすめです。これがあれば食器洗いの時間をバッサリカットできるため、趣味の時間や、家族との憩いの時間を増やせます。設備面では、コンロもガラストップコートを選べば、サッと拭くだけで汚れが取れるので、日々のお手入れがとても楽です。

使い勝手の良い台所は毎日の暮らしを快適にしてくれますから、新築一戸建ての購入では妥協せず、トコトン台所にこだわってみましょう。