口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建てを購入する流れや手続き

    

新築一戸建て購入の流れと手続き

 

新築一戸建ての購入は人生で初めての体験という方が殆どだと思います。
一体、どのような流れでどんな手続きが必要となるのか?この辺りをある程度は把握しておきたいところです。

 

 

物件探しと住宅ローンは同時進行

新築一戸建てを購入する流れは、大雑把に物件探しと住宅ローン契約を同時に進めることになります。
新築一戸建てを購入してから住宅ローンを探すわけではなく、住宅ローンを組んでから新築一戸建てを購入するわけでもありません。
新築一戸建ての申し込みをすると、その後は物件を引き渡してもらうことになります。
この時に住宅ローン契約が必要となるため、物件購入の申し込みをするまでに住宅ローン契約を済ませておきたいところです。
物件探しは家族にとって魅力的なマイホームを探す作業となるため、基本的にネットや不動産会社において情報収集することになります。
その過程において、気になる物件があるなら現地に出向いて下見をするという流れです。
間取りや立地条件など、いろんなポイントを熟考する必要があるため、単純に情報収集するというよりは「どんな条件が理想なのか?」を考えることの方が重要でもあります。
住宅ローンは借り先を探すことが優先され、魅力的なローンを見つけることができたら申し込みから審査を受けるという流れになります。
住宅ローンは返済期間が長いことからも、しっかりと計画性を持って借り先を選ぶ必要があります。
マイホーム購入後、人生の半分以上を住宅ローンと付き合う必要があるため、手数料を少しでも節約して短期完済を目指せる借り先を見つけましょう。

住宅ローン審査は1ヶ月ほど掛かる

カードローンなど少額ローンは審査結果が数日で出ますが、住宅ローンはローンの金額が高額なことからも審査に時間が掛かります。
審査では、勤続年数や在籍確認など様々な項目をチェックされることになり、すべての過程を終えるまでに約1ヶ月ほど掛かります。
そのため、新築一戸建てを探すことよりも住宅ローンを優先して探す方がスムーズでもあります。
理想のマイホームの条件と住宅ローンの返済計画を考えることから始め、それぞれの理想を満たすことができる物件や借り先を探すようにしてみてください。
やるべきことをリストアップしておくことで、目先の目標を1つずつ潰しながらマイホーム購入へ向かうことができるようになります。

新築一戸建て購入の手続き

新築一戸建てを購入する時の手続きというのは、金銭が発生する契約が主体となります。
例えば、購入したい物件が決まったら申し込みをするわけですが、売買契約として手付金や印紙税、物件によっては申込証拠金が必要となり、それらの費用を準備しておく必要があります。
手続きについてはマイホームを探して購入するという流れにおいて、自然に発生するものでもあります。
どんな手続きがあるのかは大雑把に把握しておく程度で問題なく、むしろ新築一戸建てに掛かる諸費用を把握しておくことの方が大切です。
新築一戸建ての費用は住宅ローンがすべてではなく、仲介手数料や登記費用など様々な諸費用が掛かります。
ざっと見積もって住宅の購入代金に100万円~200万円ほどプラスして費用が掛かるという感じで捉えておきたいところです。
仲介手数料は業者による価格差がありますし、登記費用も安く抑えるテクニックもあります。
1円でも安くマイホームを購入したいというのであれば、各諸費用をしっかりと勉強しておき最善の選択ができる準備をしておくのが理想です。
これも数時間程度で何とかなるものではなく、専門的な用語も多いことから知識を身に着けるのはとても時間が掛かります。
最初に物件探しや住宅ローンを探す段階において、諸費用を勉強するという作業も同時進行しておきましょう。