口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

荒川区で新築一戸建てを購入するメリット

    

荒川区で一戸建てを購入するメリット不動産を購入することは様々なメリットがあります。
購入するまでは、情報収集であったり、予算の管理など多少の労力は必要ですが、売却をするとそれまで住んでいた期間の家賃がかえってくるというメリットもありますし、賃貸物件とは異なり、いつまでも住むことができます。
また、住んでいる地域によってもメリットがあり、都会と地方でも特色があります。
都会であれば、通勤に便利であるというメリットもありますし、地方の場合にはゆっくりと落ち着いて暮らすことができます。
では、都心部はどのようなメリットがあるのでしょうか。
例えば、荒川区も例に挙げてご説明したいと思います。

不動産のメリットについて

住居には賃貸とマンションや一戸建てを購入する場合とに分けることができます。
賃貸物件の場合には入居する前に初期費用として敷金や礼金がかかりますが、それほど高額ではありません。
しかし、住居を購入するとなると土地代と建物代を支払い、買い取るということになるので何千万円というまとまった金額が必要になってきます。
ですから、コストを優先に考えて、賃貸物件を選択する人も中にはたくさんおられます。
しかし、落ち着いて長く暮らしたいとお考えの場合にはやはり購入がおすすめです。
また、長く暮らして、売却をしてもすでに所有者の資産となっているので、収入を得ることができます。
ですから、それまで払うべきであった家賃が戻ってくるというイメージです。
最終的には不動産を購入する方が得になるというわけです。

一戸建てのメリットは?

次に不動産にはマンションと一戸建てがあります。
マンションは駅に直結していたり、共有スペースとして広いお庭があったり、豪華な玄関でまるでホテルに住んでいるかのような住み心地を味わうことができます。
しかし、言い換えると一つの建物にみんなでシェアして住んでいるということになるので、できるだけ騒音を出さないように気を付けたり、上階に住む場合には洗濯物が飛んでいかないように気を付けるなど、一戸建てとは違う配慮が必要です。
反対に一戸建ての場合は、一軒ずつが独立しているので、夜であっても多少の騒音を気にしなくて済んだり、玄関まですぐに行くことができるなど便利な部分がたくさんあります。
ただ、マンションも共働き世帯には人気があります。
なぜならマンションには管理費という制度があり、この費用のおかげで管理人や最近ではコンシェルジュと呼ばれる受付の人を置くなどして、住人のお手伝いをしてくれるスタッフがいるのです。
ですから、ゴミ置き場の管理もマンションのスタッフが行いますし、急病の場合も救急車の手配をしてくれるなど入居者にとっては心強いシステムを持っています。
一戸建てでのんびり暮らすか、どちらが良いかは生活スタイルに合わせて選択することになるでしょう。

荒川区で新築一戸建てを購入するメリット

荒川区は山の手線のエリアなど中心部へ通勤もすぐに行くことができるので、人気があるエリアです。
また、商店街があって、下町の人情があふれる雰囲気なので、新しくお引越しをしてきても安心して暮らすことができます。
さらに物件の特色としては、やはり、23区ということもあり土地に価格は高額です。
しかし、20坪程度で区画を設けている物件が多いので建物と合わせて5000万円で販売されているケースがたくさん見られます。
地方の一戸建てと比べると20坪はコンパクトな印象がありますが、デザイナーズを採用するなど、購入者が心地よく暮らすことができるように工夫がされています。
荒川区では都心部であるという特色を生かして通勤が便利というメリットがあります。
また、生活環境が良く、買い物も便利な場所なので生活がし易いと言えます。
時間が限られている共働き世帯の人にとっても便利なエリアですよね。
もしも、23区で新築一戸建てをお考えの場合には、荒川区を検討してみてはいかがでしょうか。