口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建てを購入する際の値引き交渉術

    

購入時の値引き交渉について不動産の購入価格は地域によって様々ですが、仮に安かったとしても年収の何倍もの価格でみなさん、はじめはおどろかれるのではないでしょうか。
日本は国土が狭いという特性があるため、諸外国よりも家賃や不動産の価格が高いようです。
ただ、不動産も住む年数を考えて計算すると、最終的には賃貸物件と費用は変わらなくなってくるようです。
ですから、先に家賃をまとめて何十年分も払ってしまうのか、それとも賃貸物件で少しずつ支払うのかという考え方の違いです。
ここで、大きな違いがあり、不動産はいったん取得すると個人の所有物になってしまいます。
これはどういうことかというと、売却をすることができるので、例えば、住宅ローンがなくなり、購入した住居を売却したとすると、これまで住んでいた家賃分を取り戻すことができるのです。
このように不動産はリスクもありますが、メリットが高いと言えます。
さらに、ただでさえ高い不動産の費用をできるだけ安くする方法があります。
それが値引きです。
車の購入でも同じことがありますが、不動産も大いに関係しています。
次にご紹介したいと思います。

不動産を安く購入する方法とは

不動産は基本的に定価がありません。
車や家電のように相場の価格に左右される傾向があります。
もちろん、定価で販売されている商品もありますが、たいていの商品は値引き後のその店舗にとって販売しやすい修正した価格で売られています。
不動産も同様で、もしも、販売して年月がたっている場合には購入者が希望すれば値引きをしてくれるケースもあります。
販売している不動産会社にとっては所持していても経費がかかるため、早く売却をした方が得だと考えているからです。
不動産には新築の他には中古物件があります。
中古物件はもともと所有者がいて、転居など何らかの理由があって、売却されている物件です。
こちらは所有者の考え方によるので、値引き交渉が可能であるというメリットがあります。
ですから、購入する人が値引きしてほしいといえば、買い換えのように早くお金が必要なケースでは値引きを受け入れてくれることもあります。

新築一戸建てを購入する際の値引き交渉術ってあるの?

残念ながら中古一戸建てのようにこれだけ値引いてほしい、という交渉は難しいと言えます。
しかし、多少の交渉は可能です。
それは不動産会社にとってのタイミングと建築前であれば住居の仕組みについて交渉ができるからです。
中古一戸建てのように破格になるケースは少ないと言えますが、数百万円程度は可能なケースがあります。
物件には建築が完成してから販売年数が経過しているものがあります。
そういった物件では、固定資産の償却分は値引きが可能です。
また、ローンがおりなくて再販売となってしまった物件についても不動産会社が早く売却したいと考えていた場合、多少の値引き交渉が可能です。
購入した人がローンの許可がおりずにキャンセルになったため、再販売し、値引きの交渉が可能だったというケースはよく聞きます。
また、建築前の場合には、細かい見積もりを確認し、省くところは省いて、その部分を値引いてもらうことができます。
これは購入者から申し出なければなりませんので、注意が必要です。
何も言わなければ、不動産会社の提案通りに建築が進むことになります。
ただ、業者はプロのスタッフなので、住んでいて便利なように提案をしています。
ですから、節約のためとはいえあまり変更が多いとかえって住みにくくなってしまうこともあるので注意が必要です。
新築一戸建てを購入する際の値引き交渉術は、部材を変更するなどしてコストを下げて、その分、安くしてもらうことが場合によっては可能です。
ですから、見積もりを細かく確認して、不要な項目や削除できる部分はカットしてもらいましょう。
じっくりと検討して、後悔しない家づくりにしたいですよね。