口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

一括払いで新築一戸建てを購入するメリットとデメリットとは?

    

新築一戸建てを一括払いで買う人の話をあまり聞かないけれど、何かデメリットがあるのかと不安に感じる人も少なくありません。実際にメリット・デメリットそれぞれを確認してから購入を考えてみましょう。

金利がかからないことが最大のメリット

一括払いで新築一戸建てを買うメリットとして挙げられるのは、利息を何年も支払う必要がないことでしょう。どんな住宅ローンであっても金利は付きまといます。そのため、現金一括で買うよりもはるかに高値になる可能性が少なくありません。

固定金利型であれば市場の流れが変わってもかかる金利は変わりませんが、変動金利型で住宅ローンを組んだ場合、市場の金利上昇に伴い、今まで支払ってきた金額よりも高い金額を支払うことになってしまいます。結果として余分なお金をかけることとなり、更には家計に負担をかけることになるでしょう。

不況でゼロ金利であったとしても、どの金融機関でも金利はかかります。そのため、現金一括払いを選択することで、将来の家計への負担をなくすることができるでしょう。特に子供を育てることを考えるなら、できるだけ一括で支払ったほうが、賢い選択と言えるでしょう。

金利だけが一括のメリットではない

新築一戸建てを一括払いで買うメリットは、ローンを組まないことによる金利だけではありません。諸経費が低減することもメリットといわれています。実は住宅ローンを使うことで借入利息だけでなく、保証会社の保証料金や事務手数料、印紙代がかかるため、住宅ローンを組むのと一括で支払うのとでは、数百万円の差額が出ることになります。支払額として数百万円の差額は大きく、負担が少しでも軽減できるのであれば一括で支払いたいと思う人は少なくありません。

更に、ローンのためには多数の書類を集めなければならず、時間と手間がかかります。ローンの申請が通るまでに複数の金融機関に申し込まなければならないことや、審査が通るまでにかかる時間を考えると、一括で支払ったほうが負担がかからずにすみみます。

一括払いならローンのために割く時間もお金も全く必要ありません。また、その後の諸手続きのために行動する必要や、会社勤めをしている人ならば確定申告をする必要もなくなります。結果として手続きが必要なくなるだけで、自分や家族の好きなことのために時間やお金を使えるでしょう。

デメリットを理解して支払い方を考えよう

一括で支払うことはメリットが大きいですが、もちろんデメリットもあります。よく知られていることとして、住宅ローン控除を利用できなくなることがあげられています。住宅ローンがあると、税金が通常よりも1パーセント安くなる制度です。

また、団体信用生命保険、通称団信を利用できないのもデメリットといえるでしょう。ローンを組むと団体信用生命保険への加入が義務付けられていることが多く、万が一の時には保険で住宅ローンを完済できます。一括で支払うと保険に入る必要がないため、万が一に備えたいと思った場合、他の保険に加入しなければいけません。団信は安い料金設定が魅力といわれていますので、慎重に判断する必要があります。

なお、無理して一括で支払うと、その後の生活が一気に大変なことになるという可能性も少なくありません。貯蓄ゼロで生活することは大変ですから、ローンを組んでいる時以上に節約をして貯蓄しなければならない場合もあるため、買う時は慎重に判断してください。

一括で支払うことは金利や支払う金額の面では負担が少なくなるため、利便性が高いと考えられます。しかし、デメリットも少なくないため、デメリットとメリット、ライフスタイルでどちらを考慮するべきか家族と話し合って活用する事が大切です。