口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

荒川区の新築一戸建て、間取りの平均はどのくらい?

    

荒川区、新築物件の間取りの平均

 

 

間取りというのは、住宅内の空間構造のことを言います。
同じ面積の土地でも間取りによってマイホームのオリジナリティが大きく変わるため、住宅設計の段階でじっくりと考えたいポイントです。

 

 

 

土地面積と間取り

荒川区の新築一戸建ては2階建て構造が多いため、これが1つの間取りの平均目安となります。
間取りは土地面積に起因することからも、広い土地を購入してマイホームを建てるなら平均値はあまり意識する必要はありません。
建売の新築一戸建てに関しては同じ面積で似たような間取りの物件がずらりと並ぶため、各エリアの建売りを比較する時、あるいは建売と注文住宅を比較する場合などは役に立つことがあります。
さて、間取りの平均は土地面積60m2ほどで2LDK~3LDK、80m2オーバーで2LDK~4LDKといった感じです。
約50m2の土地面積で建物面積が110m2の4LDKという分譲物件もありますし、本当に物件によって様々な間取りがあります。

生活をシミュレーションしておこう

新築一戸建ては間取りがとても重要であり、どんな空間構造になっているのかによって生活の快適性が変わります。
マイホームは家族の安らぎの場であり、図面で間取りをチェックするだけではなく見学で実際の生活をシミュレーションしておくことが大切です。
土地面積が狭くても3階建て構造からアイデアを重視したデザインもありますし、間取りは自分の目で見ることで新しい発見が見つかることも多々あります。
間取りを下見する時にチェックしておきたいポイントは色々とありますが、インテリアの完成形を想像しておくことは絶対に必要です。
何一つ家具を置いていない空間だと、どんな間取りでも快適な生活を送れるように錯覚してしまいます。
物件を見学した時に、どこにどんな家具や家電を配置するのか?これをしっかりとイメージすることによって失敗を避けられるようになります。
リビングが広々としている空間でも、サイズの大きいソファを置くと窮屈なスペースになりますね。
もっと細かく言うと、市販されている家具のサイズを考慮しながらも物件を探していくのが理想です。
もう1つ意識しておきたいのが、無駄なスペースがないかどうかです。
例えば、2階建ての新築一戸建てにおいて、2階の間取りは2つや3つの部屋があってちょっとしたベランダが作られているという構造が良くあります。
ベランダやバルコニーは布団などの洗濯物を干したりするのに便利ですが、機能性が重視されていない場合は殆ど使うことがないケースもあります。
使わないのであれば、そのスペースをなくして少しでも部屋を広くするほうが快適な生活を送りやすくなりますね。
狭いベランダやバルコニーが作られている場合は実用性をしっかりと考えてみてください。

注文住宅は設計に時間をかけよう

基本的に建売りの新築一戸建てはすでに完成している物件を購入するため、間取りを把握した上で納得した買い物をしやすいです。
一方、注文住宅は決められた土地面積において間取りを設計する必要があるため、失敗しないためにもじっくりと理想の間取りを考えることが大切です。
一般的に新築一戸建てに関して土地平均価格や流行りの間取りなど、専門的な知識を持っている人は少ないと思います。
完成した商品を目で見て価格を比較する、この流れにおいては建売りの新築一戸建ては人気が高いです。
しかし、注文住宅は自由設計というのが最大の魅力であり、建売りでは実現できない独特の間取りからマイホームを建てることもできます。
どちらも一長一短ですが、間取りは家族とマイホームの相性を決める要素でもあるため、どんな間取りが理想なのかを話し合いながら快適な生活を送ることができる新築一戸建てを探してみてください。