口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建てにおけるオプション工事とは?

    

新築一戸建てにおけるオプション工事とは?

荒川区で夢の新築一戸建てを建てる場合、土地の値段が結構するのでなるべくオプション工事を依頼しないという考えの方もいるでしょう。
しっかりした人ならオプションが高くなることを知っているからです。
しかし新築一戸建ての場合、どんな時にオプション工事を依頼したほうが良いのでしょうか。
そもそもオプション工事とは何かということを解説します。
工事によってはオプションを依頼したほうが良い場合もあります。

 

こんなところまでオプション工事

オプション工事を嫌う人がいます。
その理由は業者によっては表札からカーテンレール、網戸取付け、吊戸棚など至るところでオプションというケースがあるからです。
すでに新築一戸建てを注文住宅でない規格物で購入しているとあまりこのようなケースはないのですが、注文住宅にすると思わぬところがオプション工事ということがあります。

家を買ったのはいいけれどあれもこれもオプションだったというケースが非常に多いということです。
そのために若い方で家を買う人はオプションでも自分でできるところを取り付けるという方もいます。
オプションが高いのは結局施工する会社から関連会社や工務店に依頼するので、回り巡って割り高になるケースがあるということです。

 

〇自分で取り付けたほうが安いこともある

カーテンレールや表札などは自分で付けたほうが早い場合があります。
最近では表札を依頼しても1枚5千円前後でできるので、専門業者に依頼して作成し、自分で取り付けるという方もいます。
また器用な人ならカーテンレール程度は自分で取り付ける人もいます。
実際全部取付けても1万円(本体込み)で済みますが、業者に依頼すると軽く5万円はします。

本当にあきれてしまうくらいオプションだらけ、という場合があります。

 

新築一戸建てを購入するときはどこがオプション工事なのかを確認する

オプション工事が大きいところだけだと思っている方も多いようです。
例えば水回りなら、オール電化にしないとか、コンロをグレードアップしないといった目立つ機能部分のところだけだと考えている場合です。
しかし意外と住宅は多くのパーツで成り立っています。

先ほどご紹介したように、カーテンレールから網戸サッシ取付け、表札、アンテナ取付け、グルニエ施工(天井裏収納)やフェンス、ガレージに至るまでセットでついているということはありません。
またシャッターでさえオプション(雨戸の代わり)ということもあります。

おそらく住宅業者と打ち合わせしている最中に細かいところまで打ち合わせていくはずですが、その時に色々と細かいことまで説明されるはずです。
グレードを下げれば済むという話ばかりではないこともあります。

フェンス工事、カーポート、釣り天井やクローゼットの内部のハンガーパイプに至るまで内装業者や外部施工業者が活躍する場所です。
そこでお金を取らないと儲からないという業者が待っています。

 

■オプションを安くする裏技

そこでオプションを安くする裏技をご紹介します。
それは工務店にその部分だけ依頼する方法です。
実はオプション業者を使わずに地元にいる腕の良い工務店や評判の良い工務店に依頼してみましょう。
古くから地元密着型で仕事をしている工務店は、下手な仕事をするとすぐ評判が立ってしまうのであまりおかしい施工はしません。

また直接依頼できるので住宅メーカーから回り巡って依頼されるオプション業者とは値段が違います。
カーテンレール取付でも5カ所依頼するとオプション業者は5万円以上します、しかし工務店は2万5千円以下で取り付けてくれるはずです。

最初から工務店に依頼しておくとオプションだけでなくメリットも沢山あります。
多少家を補修しないといけない場合、以前手を入れてもらったことがあるなら頼みやすいということです。
意外と皆さん知らない裏技です。
新築一戸建てを購入する場合はオプションは気を付けたい部分です。