口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建て購入時に準備しておくべきこと

    

新築一戸建てを購入する時には様々な手続きや準備が必要になります。

引越し直前になってから慌てることのないように事前に計画的に準備を進めることが大切です。

初心者の人がモデルルームなどを見に行って、勢いで購入を決めてしまい、あとで後悔をするということも良くあることです。

不動産は価格の高い買い物なので慎重に準備を進めてから手続きを行いましょう。

 

どれくらいの住宅ローンが借りられるかを考えておく

住宅を購入する時にまずやっておかないといけないことが住宅ローン関連のものです。

購入時にはほとんどの人がローンを利用することになると思いますが、その時にあらかじめ自分がどの程度の金額を借りることができるのかを考えておかないと予算の計画を立てることができません。

多めに見積もってしまうと、いざローンを借りようとした時に審査が通らない可能性もあります。

できるだけ予算には余裕を持って計画を立てましょう。

その際に住宅ローン審査が通りやすいようにショッピングローンなど他のローンを返済しておくことをおすすめします。

自分ではローンを組んでいることを忘れている場合があるので、一度銀行の書類をしっかりと見直すようにして、ローンの整理をしておきましょう。

お金関連のことは一日では終わらせられない手続きもあるので、事前に計画しておくことが大切です。

ローンの金額がわからない時には、銀行に相談をしてみるといくらまで借りられる可能性があるかアドバイスがもらえるかもしれません。

家計全体の中で支払いに充てる金額に迷っている時にはファイナンシャルプランナーのような人に相談をするという方法もあります。

 

固定資産税など予想外の出費が増えることも想定する

家を買う時に注目をするのは家自体の価格ですが、実際には固定資産税や外構費用、浄化槽の洗浄費用などもかかることになります。

家の購入に予算をつぎ込んでしまうと、これらの費用の支払いをする時に家計を節約しなくてはならず、予定が大きく変わってしまうことがあります。

家の種類や環境によってかかる費用は様々なものがあるので、家の費用とは別にそういったことに対する支払いができるよう蓄えておきましょう。

住宅ローンの額が大き過ぎると生活に余裕がなくなり、支払いが困難になってしまう可能性もあります。

固定資産税は毎年かかるものなので、あらかじめ予算を別にして確保しておいたほうがいいかもしれません。

お金のことは計画を立てていても、急な出費が必要になることがあるので、手元に自由に使える現金は多めに残しておいたほうが良いでしょう。

また毎月かかっている生命保険などを見直すことで、出費を抑えられることもあります。

住宅ローンを組んだ時には団体信用保険に入ることが多いので、それに合わせて生命保険の見直しをすることをおすすめします。

毎月かかっている金額を少し減らすだけで年間の出費を大きく減らせることもあるので、毎月かかっているお金を全て見直すようにすると無駄がなくなるでしょう。

 

モデルルームはできるだけたくさん見る

家を購入する時には様々なモデルルームを見ることになると思いますが、最初に見たところは比較対象がないためどのような物件でもよく見えてしまうという落とし穴があります。

今住んでいる場所に不満を抱えている人は特にそうなのですが、引越しをしたいという気持ちが強くあると、新しい物件が素晴らしく見えてしまい、細かな点をチェックすることなく購入に踏み切ってしまう人がいます。

勢いで購入して、その後も気に入って使い続けられればよいのですが、ほとんどの人は家選びに後悔を残すことになります。

こういったことを予防するためには、とにかくたくさんの物件をみることが大切です。

いくつものモデルルームを見ているうちに見る目が養えるので、様々な視点でモデルルームをチェックすることができるようになります。

いいと思ってもすぐには決めてしまわずにできるだけたくさんのモデルルームを見に行くようにしましょう。

 

新築一戸建てを購入する時には大変なことも多くありますが、色々なモデルルームを見ることは楽しみでもあります。

家族で意見を出し合って満足行く家探しを成功させてください。

しっかりと計画を立てて家探しができれば満足できる物件に出会えると思います。