口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

新築一戸建ては頭金0円で購入可能?

    

住宅を購入する場合はある程度まとまった金額が必要となりますが、その際、頭金を用意する必要があると言われることは少なくありません。

しかし、収入が少ないとか、なかなかお金を貯めることができないという人もいるのではないでしょうか。

その場合、頭金がなければ新築一戸建てを買うことはできないのでしょうか、それとも用意しなくても購入は可能なのでしょうか。

 

 

基本的には用意しなくても購入することは可能

新築一戸建てだけでなく、中古住宅を購入する時も全額キャッシュで支払う人は少なく、多くの人は住宅ローンを利用します。

つまり、住宅の購入費用を用意することができなくても、ローンを利用すれば欲しい住宅を購入することは可能だということです。

ただ、一般的にはその際には頭金を用意しておく方が良いと言われることが多いので、ある程度の額を貯めてから購入する人も少なくありません。

そうすることによって住宅ローンの借入額を抑えることができるので、結果的に返済総額も抑えることにつながるからです。

一般的には住宅の費用の2割から3割を貯めておく方が良いと言われることが少なくありませんが、実は、頭金がなくても新築一戸建てを購入することは可能です。

全額ローンを組むことができれば、現時点で自分の資産が全くない状態であったとしても、家を買うことは不可能ではありません。

 

借りられる住宅ローンの額で買える家も変化

住宅ローンを利用すれば現時点で自分に全く購入資金がなかったとしても、新築一戸建てを買うことは可能となります。

ただ住宅ローン自体はたしかに便利ですが、お金をどれだけでも借りることができるわけではなく、自分の支払い能力の範囲内でしか借りられません。

したがって、まずは一体自分がどれだけのお金を借りることができるのかということを明らかにすることが重要です。

目安としては大体年収の五倍程度までであれば借りても返済できますが、その人によって家族構成も違い必要なお金が変わってきます。

したがって、あくまでも年収の五倍は目安に過ぎないということを理解しておくと良いでしょう。

実際に借りても生活ができるくらいの住宅ローンの額が分かったら、その範囲内で購入できる家を探すことになります。

ただここで注意したいのは、頭金を全く用意しないということは、家づくりの諸経費も全てローンで賄うことになるということです。

だから、その諸経費分も差し引いた額を予算として、その範囲内で買える家を探すようにしましょう。

さらに、住宅自体は経年劣化によって適宜手入れが必要となり、さらに毎年固定資産税を払う必要も出てきます。

したがって、そうした金額が今後発生することも十分理解した上でローンを組むとより安全ではないでしょうか。

 

繰上げ返済でお得に住宅ローンを利用

住宅ローンを利用すれば、頭金が全くない状態でも新築一戸建てを購入することは決して不可能というわけではありません。

実際に日本でもそのような状態で自分の欲しい家を購入している人は以前に比べてもどんどん増えています。

とはいえ、全額ローンでとなると、月々の支払い額がかなり高額になってしまうだけでなく、完済までの期間も長くなります。

だから、もし途中で購入する家を売り払いたいという時は、できれば頭金を用意しておく方が良いでしょう。

その方が完済までの期間が短くて済むので、家を売りたくなった時にローンがもうない状態にもしておくことができるからです。

もちろん頭金がなくても新築一戸建てを買うことはできますが、自分が借りられる額が購入できる家の額ではないし、また返すことができる額というわけでもありません。

生活スタイルが変わることによって収入も変わるし、何より家族構成が変化すると支出も増えるからです。

したがって、これからの人生を考えた場合に本当に借りても大丈夫かどうか返済できるかどうか、住宅ローンを扱っている窓口で相談する方が良いでしょう。

 

新築一戸建てを買う場合は、全額現金で支払うこともできますが、もちろん住宅ローンを利用しても問題はありません。

だから、購入費用を全てローンで賄うことができれば、頭金が全くない状態でも家を買うことはできます。

ただ、全てローンでとなると、借入額が多くなってしまうため、完済までの期間も長くなり、月々の返済額も多くなることを理解しておきましょう。

また、借りられる額が買える家の金額というわけではなく、そこから諸経費を差し引いたりする必要もあります。

またどれだけでもお金を借りられるわけではなく、自分の支払い能力に合った額しか借りられないことも理解しておきましょう。