口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

荒川区で新築一戸建てを購入するなら将来売ることも視野に入れるべし!

    

荒川区で新築一戸建てを購入するなら将来売ることも視野に入れるべし!

荒川区で新築一戸建てを購入する場合、どの程度将来性を考えるべきでしょうか。
実は購入するときから売却することまで視野に入れて購入を検討する方は少ないはずです。
しかし将来売却が必要になることもないとは言えません。
そこで荒川区で新築一戸建てを購入する場合、将来売ることを検討すると何が違うのかを解説していきます。
非常に重要な話なので是非参考にしてください。

 

ほとんどの方は売ること前提で住宅購入はしない

家は一生の買い物なので、新築一戸建てを購入した場合、ほとんどの方は売却を前提にした購入はしないはずです。
一生の買い物、終の棲家と考える人が多いのですが、実はそれは正しい判断と言えないこともあります。

理由は時代の変化です。
例えば終身雇用制が確立されていた時代と違い、大手企業でも大量の人員削減や倒産、事業縮小が無いとは言えない時代です。
最近でもそのような事例が頻発しています。
今や大手企業だからと安心できない時代に来ています。
またそれが理由で住宅ローンが払えない、離婚で財産分与が必要、転勤で物件を手放したいなど人によって色々な出来事があるでしょう。

昔は家を売却するときはよっぽどの出来事がないと判断されない状態でした。
ところが近年は先ほどのような理由をはじめ、中古でも資産価値があれば売却したほうが賢明だったり、売却してもう少し手狭な住居に越したいと考える人も出てきました。

このような時代の変化やニーズによって、最近では新築一戸建てを購入する場合でも、売却前提で購入するしっかりした人も出てきました。

 

家の処分に困るケースが頻発する現代

都心では人が住まない空き家、管理されない空き家が増えています。
その背景はすでに処分できなくなった物件ということもあります。
つまり売れないのです。
売る場合でも上物である家を一旦更地にしてからでないと売れません。
また上物があれば固定資産税が加算(更地と違うので)されないというメリットもあります。

 

そもそも固定資産税は上に家が建っていたら優遇される制度でした。
ところが近年はそれを逆手にとって住んでなくても上物を残して税金のメリットだけを得るということもあります。
そのため都心部でも空き家が増加しています。

〇空き家による問題

一旦空き家になってしまうと色々な問題が発生します。
実は家は生き物なので、長く住んでいないと急激に老朽化が進みます。
水道管をはじめガス管や設備が使わないことで老朽化します。
使うことで老朽化するというより、使わないことは家にとってはマイナスになります。
家や周囲の掃除はもちろんしないので、ひび割れや雨漏り、場合によっては塀が壊れるということもあります。
これらは住んでいれば少しずつ直しながら暮らすものです。

しかし修理が行き届かなくなってしまうと老朽化が進み、売却どころではなくなります。
それが最近の家事情、家の処分に困るケースが増えたということにもつながります。

 

購入した土地の地番が悪い・売れても非常に安い

お得に買ったと思っていたマイホームでも、実は地盤が悪いということで格安だったというケースもあります。
また売却価格は不動産業者の力量にもよります。
売れても非常に安い場合や、他の業者ならもっと高く売れたということもあります。

売りたい場合は不動産業者を選ぶことが非常に重要になります。
またいくら新築一戸建てを購入したとしても、本当に将来手放さないということがあるでしょうか?

住宅はリスクも考えた上で購入する時代です。
必ずしも手放せという話でなく、もしかしたら人生設計が途中で変るかもしれません。
その時なるべく売りやすい物件を選んでおくということもリスクヘッジをする上では大切なことです。

自分にはないと思わず、その可能性も考えてよい物件を選ぶようにしておきましょう。