口コミから厳選!荒川区で新築一戸建てを探すならこの不動産会社がおすすめ!

荒川区で新築を買うなら一戸建てとマンションどっちがいい?

    

そろそろ賃貸暮らしを卒業して新築の持ち家でも買おうかと考えた時、集合住宅が良いか、それとも一軒家が良いか、悩む場合が多々あります。

人生の中でも大きな買い物であり、失敗も許されませんから当然のことです。

そこで、荒川区で新築物件を買う際はどちらが良いか、双方のメリットやデメリットも含めてご案内していき、最終的には悩まずに済むであろう極意などもご紹介します。

 

メンテナンスや毎日の雑用を軸に考えるなら

結論から言いますと、一軒家とマンションにはそれぞれ強みがありますから、コレだ、と見極めた物件ならどちらを購入しても構わないと思います。

しかし、どちらも魅力的で決めかねるという場合は、消去法で突き詰めていくのも得策です。

メリットで決定打がなければ、デメリットが少ない方、もしくは多くても許容範囲の方を選んでおきますと、後で後悔するといった事態を大幅に下げられます。

例えば、一軒家と集合住宅の違いには物件管理の有無があり、集合住宅なら大掛かりな補修や外壁塗装などのメンテナンスは、基本的に他人任せでノータッチです。

それに対して一軒家は、全ての家屋管理を所有者が手配して実施しなければなりません。

それは工事だけでなく、植木の剪定や玄関前の道路掃除など、日常的なお手入れも含みます。

木枯らしが吹く季節では頻繁に落ち葉を掃除する必要があり、雪が降れば荒川区とて寒い中、雪かきをしなければなりません。

さらに日当たりの悪い所ではコケなども発生して、雑草とはまた違った難敵となります。

雑草やコケは放置しておけばご近所へとテリトリーを広げますから、苦情や近隣トラブルの原因になるなど、決して疎かにできないのです。

それらのお手入れも元気で時間がある時は対処できるでしょうが、体調が悪い時や、仕事が忙しくて時間がない時には結構厄介です。

はたまた高齢になって体力が衰えた時には相当な負担になるため、遠い将来を考えた場合は無視できないポイントです。

ところが、集合住宅ならそれらの作業は不要なため、暮らしにおける雑用を減らして快適に住みたいなら、集合住宅を選んでおいた方が後々楽になります。

 

アクティブなライフスタイルならセキュリティも基準に

次に、普段から外出することが多く、家に殆どいないというライフスタイルを軸に考えてみましょう。

家を留守にする場合は部屋中の窓を閉めて外出する訳ですが、一軒家は意外と窓が多いため、戸締りが大変になる傾向があります。

また、留守中に来たセールスマンが門を閉めずに立ち去った場合、扉がフルオープンのままという可能性があるのです。

数日間家を留守にすることが多いご家庭ではかなり不用心となり、オートロックマンションのセキュリティには遠く及びません。

ですからアクティブな暮らしを送っている場合は、あえて一軒家を選ぶ必要はなく、高セキュリティの集合住宅を選択した方が良いのではないでしょうか。

 

自由度の高い暮らしが一軒家の優れた魅力

これで、以上の条件で新築物件を買う場合、マンションの方が極めて有利であることをお分かり頂けたと思います。

ですが、それらデメリットを全て受け入れ、それでもなお新築一戸建てを選びますと、その後は一軒家ならではの自由度が高い素晴らしい生活が待っています。

集合住宅のような入居規約で束縛されませんから、ペットを自由に飼えますし、楽器も常識の範囲で思う存分弾けます。

また、マンションでは給湯器のサイズも制限されている場合も多いのですが、一軒家なら家族が増えれば大容量タイプに交換できるため、意外に大きなメリットになっています。

さらに庭付き物件なら家庭菜園やガーデニングも思いのまま楽しめますから、理想のマイホームを実現できます。

車庫付き物件ですと、雨の日でもサッと車へ乗り降りできますし、洗車も自宅で可能なのでお金も掛からず便利です。

はたまた、子育ても一軒家や真価を発揮するシーンであり、どれだけ子供が夜泣きをしても集合住宅ほど周りに気を遣う必要がありませんから、育児中ではこれほどありがたいことはないでしょう。

もちろん、子供がドタバタ元気に走り回っても、下の住民などを気にする必要がないため、のびのびとお子様を育てられます。

将来的には増改築も自由であり、自宅兼賃貸で建て直せば、家賃収入で老後の不労所得も目指せます。

その建て替え費用も土地や家賃収入を担保に、少ない自己資金でできるなど、発想次第で幾らでも道が開けます。

集合住宅では決して真似のできない自由な暮らしが、新築一戸建ての優れた魅力となる訳です。

 

判断基準で結論は大きく変わるため、荒川区で新築物件を購入する際は、一軒家か集合住宅かを考える前に、自分のライフスタイルや希望を見つめ直すのが肝心です。

そして、それを実現するにはどんな要素が必要かを洗い出せば、どちらが良いかも自ずと答えが見えてくる筈です。

目標が定まればどちらが良いなどと悩むことすらなく、コレ以外に選択肢がないと確証することでしょう。

それこそが、後悔しない新築物件選びの極意かもしれません。